宇宙のお伽話

みらいみらい

 

地球と重力がほぼ同じ惑星に一人で住んでいる主人公がいた。この惑星には彼一人、彼はなぜ自分がこの惑星に一人で住んでいるのか分からなかった。

物心着いた時から住んでいた彼は「寝る」以外の事は知らない。

彼は背中に光を栄養源に変える葉緑体を持っており「光合成」によって栄養を補給するという進化した人間だったのだ。

その事を彼自身は知らないのだが、仰向けに寝るとなぜか次の日調子が悪いという事を小さい頃から肌で感じとっていた彼はうつ伏せで寝る事が当たり前になっていた。

彼は日中はずっとぼーっとしており眠くなったら寝るという生活を20年送っていた。

彼の星には何もなかった。

ただ地面と流星が毎日その惑星に落としていく石があるだけで昆虫すらいない、その地面も硬く覆われていた。

彼は毎夜、寝る前に石を積んでいた。

364個、いよいよ明日は待ちわびた友達との再会だ。

この惑星は公転の関係で365日に一回、隣の惑星と非常に近づくのだ。

隣の惑星にも彼と同じような境遇の人間が一人居たのだ。

ただその星は非常に重力が強く友達はうつ伏せでへばりついてじっとしているだけだったのだが確かに生きていて言葉を発する、彼と友達は一年分の会話を一晩中楽しむというのが毎年の日課になっていた。

わくわくして寝られない彼、彼と去年どんなことを喋ったのか回想していた。

思えば全然喋れなかった彼が言葉を教えてもらったのも友達だった。

明日喋るために口の開け方と発声練習をする彼。

翌朝、彼の惑星が近づいてきた。

しかし彼は友達の姿を見て愕然とする。

友達は仰向けになって虫のように(彼は虫をしらないが)腕と脚を折りまげて死んでいたのだ。

死という概念が理解できない彼は一晩中、友達に喋りかける。

一年その間友達と会えることだけを楽しみにしてきた彼にとって悲劇であった。

一言の会話もないまま惑星また遠ざかる時間が近づいていた。

その時彼は初めて涙を流し「悲しみ」という感情を覚える。

悲しみにいたたまれなくなった彼は隣の惑星に飛び移ろうとするがそこで友達の言葉を思い出し踏みとどまる。

「この星は君の星の三倍の重力がある。だからもし私に何か起こっても絶対に来ちゃだめだ」

彼は次の日からトレーニングに明け暮れる。

次に友達の星で這ってでも動けるように鍛えようとしたのだ。

友達と話すという目標を失ってしまった彼にとって新たな目標を掲げるのは当然の事であった。

そんな彼に訪問者が現れた。訪問者はケイジと名乗った。

ケイジは「お前がやったのか?」と言った。

彼は意味がわからなかったがあれこれケイジと話す内に死の概念を理解しそして隣の惑星の友達は10日前に何者かに殺されたということもわかる。

彼は疑われていたのだ。

ケイジにアリバイの事を聞かれ流星が毎日落としていく石のことを喋る。

ケイジは石を数える。355個だった。ケイジは彼を捕まえようとするが逃げる彼。

彼は犯人は流星だと確信していた。その内に彼は流星の真実を突きとめる。

流星は本当は星ではなく形を変えた人間だったのだ。

流星は彼の星を毎日通り過ぎるときに目を瞑って星になりすましていたという裏づけも彼は取る。

彼はケイジにそれを話し、ケイジも彼を信用する。

ケイジと彼は流星を捕まえようと虫取り網や肩車して軍手で掴むなど荒業を駆使しようやく流星を捕まえる。

洗いざらい自白する流星。

動機は「止まりたかったから止まってる奴を見るとムカムカした。だから殺した」というものだった。

殺害方法は最初友達の惑星で友達の上を通り過ぎる瞬間に油性マジックで友達の葉緑体を塗りつぶすというものだったが、友達が咄嗟に防御しようと仰向けになってそのまま死んだということであった。

流星は殺人未遂の罪で破壊されることになった。

無事に無罪を立証できた彼はケイジに出生の秘密を聞かされる。

彼は捨て子であった。

「これからどうするんだ」と聞かれる彼

その言葉に振り向くことなく走っていって一周して戻ってくる彼。

「友達になってくれないか?」

 

終わり

5年後10

記憶が飛んでいる。

ぷくは結婚をした。

飲み会の時に妙にしつこい人が居るという話を自分は半笑いで「相手してあげなよ〜〜」と言っていた。

 

余裕だった。

"ぷくは自分の元を離れないだろう"という慢心。

 

ぷくは「えーー!じゃあ、まあ一回くらいデートしてみようかな…」

と言った。

 

「良いね〜〜ディズニーとか行ってきなよ〜〜w」

と笑いながら自分は言った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

放送作家というのはコミュニケーション能力が95%を占めるだろうな。

と今では思える。

残りの5は才能だ。

放送作家学校に通ってる時は、全く真逆の割合だと思っていた。

それが知れただけでも金を払って良かったと思う。

人と人を繋ぐ仕事。

相手の話を聞き、やりたい事を具現化しつつ自分の個を少しだけ5%程度の色を入れる。

 

新たに好きになった人は(Yとする)

歳上だった。

7つも上。

アルペルガー症候群だった。

アスペルガー

調べた。調べまくったら、色々な事が分かってきた。

インターネットがあって良かったと思った。わからなければ調べる事ができる。

あとはその対処法を自分なりに考えれば良いだけだ。

笑顔に惚れた。

彼女は常に笑顔だった。

 

「なんでいつも笑顔なの?」

と聞いた。

「ん〜〜小さい頃、お母さんがあんたはいつもムスッとしてるから"形だけでも"人に好かれる表情"にしてなさい。と言われたから続けてるだけ」

 

と言った。

 

続く

5年後9

ご家族に挨拶をして

"大阪名物"たこ焼き饅頭を「こ、これ良かったらどうぞ…」と差し出した。

お母さんから

「あら、ありがとうね〜バスで来たの?大変だったね〜」

と有り難い言葉をもらった。

 

ぷく「パパはねーシャイでね〜ママはしっかり者で妹は〜よくわからないけどよく話すよ〜それで〜弟は可愛いんだよ!」

 

その言葉の通りの方々だった。

 

二階のぷくの部屋に入ろうとすると

お父さんが違うドアから出てきて

バッタリ会ったのだ。

「あ、あ、ヒラ3と申します!えーっとあの〜ぷくさんと仲良くさせて頂いててーー」

父「あ、あ、あー聞いてるよー!どもどもー」

シャイな者同士の"平成吃り合戦"が繰り広げられた。

 

ぷくとどこかに出かける事になった。

ぷくの運転する車は安心できた。

途中、疲れたから運転代わってよwと言われ渋々運転したが道も知らないし

運転は下手クソだ。

横でずっと笑ってるぷく

ぷく「運転もダメなんだね〜〜wwww私がするから代わって」

こいつ図りやがったな。

 

行った場所で覚えてるのは

ハワイアンという謎のリゾート施設だ。

そこではファイヤーダンスと呼ばれてるハワイアンダンスを女の子達が披露していた。その踊りは素晴らしく洗練されている。

しかし中は暑い。ハワイの気候を体感できるようにしているのだろう。

 

その温暖差の影響かはわからないが帰った時に

ぷくの家でなぜか熱を出した。

ぷくは自分のベッドに寝かせてくれた。

 

結局、福島の思い出はハワイアンと2日くらいずっとうなされて寝ていた事だ。

最初、熱心に看病してくれてたぷくも

「まだ治らないの???w」

と最後、笑いながら皮肉を言われた。

 

 

放送作家学校では何人かの仲間ができた。その中に凄く心を惹かれる人が居た。年上の女性だ。

笑顔が良き。優しい雰囲気だ。

 

話を聞くと東京で番組制作のプロデューサーをしてた経歴があると言う。

凄い方だ!

 

「なんで大阪に帰ってきたんですか?」

と聞くと

「疲れたから」

と彼女は言った。

 

続く

 

 

人喰いの大鷲トリコを終えて

おっさんになっていつのまにかゲームをやらなくなっていた。

少年の頃、あんなに好きで夢中になったゲーム。

「おっさんがこんな事やってていいのかな?」

と思ってしまったのだ。

 

そんな気持ちのまま一応PS4は買おうと思った。人喰いの大鷲トリコが発売されると情報を得たからだ。

ICOもワンダもクリアした。

上田文人の次の新作だから当然の選択だった。

それが3年か4年前、けれどクリアしないまま途中でなぜか辞めてしまった。

 

ゲームをやらないとゲーム機は埃を被っていく。

去年の大晦日にそれをようやく取り除いた時に綺麗になったPS4大鷲トリコのソフトを見た時に久しぶりにやってみようかなと思った。

何年かぶりにPS4の電源を付けてみた。

動いている。

「動くやん!」と思った。

どうせ新たに始めるならゲームで実況とかどうだろうか?

今までやった事がないことをしたかった。それの最初は

「人喰いの大鷲トリコ」が相応しいと思った。youtubeのチャンネルも5年くらい前から放置されていたのでそのチャンネルにも活を入れたかったのもあった。

ゲーム実況が相応しい。

腐っていたPS4youtubeチャンネルが自分の意思一つで息吹を取り戻し活きてきたように思えた。

 

こういった出来事と「人喰いの大鷲トリコ」はすごくシンクロしてるように思えた。

それは大鷲トリコは少年が最初、トリコに生きる息吹を加えるところから始まるからだ。

トリコに対して自分は最初

「面倒くさい奴」だなと思った。

 

言うことを全く聞かないし暴れる。

何より言葉が通じない。イライラしながらプレイしていた。

 

今思うとそれこそがトリコの醍醐味なんだろうな。と思う。

トリコ側からするとこの少年も相当面倒くさかったのかなあと。

不完全な者同士の旅、途中まで自力でやっていたが難しくて詰んでしまった。

最初、動画として自力でやっていたが、

限界が来てしまったのだ。

 

生配信に切り替えてみようと思った。

すると、リスナーの方々からたくさん助言を頂く事が出来て前に進める事ができた。

「他力」

他力本願という言葉がある。

これは親鸞という人が昔、

「これは凄く誤解をされやすいから封印しておくように」

と言ったが、

現代では案の定誤解されてるように思える。

"そもそも自力"がありえない。

つまり自力じゃないのに自力だと思ってしまう事が世の中にはあるがそれは他力だと。

 

これが人喰いの大鷲トリコと現実世界が自分の中でリンクした。

 

「こんな事これから他力どんどんやっていこう」

と思った。

 

他力実況をこれからはしていきたい。

5年後8

高速バスはあまり乗り心地の良いものとは言えなかった。

夜9時から乗って着くのは7時くらい。

約10時間。トイレはある。

それでも2人座席ではなく一つ一つが分離してる座席プラス人も少ないという事でまあまあ快適に過ごせた。

トイレもある。いつのまにかリクライニング最大まで倒して眠っていた。

途中休憩を何回か挟んで朝方の光を浴びながらようやく福島に着いた。

 

高速のインターみたいな場所に降ろされてバスは去っていった。

 

周りを見渡すと山、山、山だ。

ぷくにメールした。

もう着くよ〜と返ってきた。

何月だったか忘れたがとにかく寒い。

一人高速のインターで待っているとぷくの車が迎えに来てくれた。

 

ドアを開けるとぷくはニヤニヤしてるけど無言だ。

なんとなく「なんやねん」というと

「別にwなんでこんな朝来るの?早く乗ってよ」

となぜか怒られた。

車が走り出す、二人とも無言だ。

初めて会った時に乗った大阪の地下鉄を思い出した。

トンネルをくぐりぷくの家に着いた。

山の中にある家だなと思った。

家族の人達に挨拶しないとな。

緊張してきてカバンの中に入ってる菓子折りを確認した。

 

 

作家学校はと言うと先生にはめちゃくちゃ怒られる毎日だった。

多分それは今だからこそいうと

内容の事以上に"話し方"とか"書き方"とかを含めた"伝え方"の事だろうと思っている。

プロを目指す以上相手に正確に伝えようとしなければならないのだ。

そんなつもりはなかったけど意識していなかったつまり怠っていたなと。

そこを見抜かれていた。

「おまえは人を舐めている」

 

口を酸っぱくして何回も言われていた。

その通りだった。さすがプロだ。

プロめ。

 

作家学校には面白い奴が居た。

彼の凄さは二、三日でわかった。

彼は今東京で活躍している。

やっぱりなと思うと同時に自分じゃなかったという悔しさもある。

 

あとその学校で好きな人ができた。

 

何しに来たんだよ?俺

 

 

続く

 

白い鳥

今日は午前中仕事で車に乗り川沿いを走ってる時

川に目をやると白い鳥がたくさん川に居た。

調べてみるとサギ?なのかな

綺麗だなと思った。

写真に撮りたいと思ったけど車は急には止まれない。

その瞬間からなぜか急に頭がクラクラしてきて、これ以上運転するとやばいと思って午前中で早退した。

 

誰も居ない家に帰って眠った。

変な夢を見たけど覚えていない。

悲しい夢だった気がする。

 

起きたら夕方だった。

眠ったら少しはマシになった。

ブレイキングバッドを見よう。

なんとなくブレイキングバッドを最近また見始めている。

ベターコールソウルを見た後のブレイキングバッドもまた全然違う面白さがあるなあと思った。そういえばブレイキングバッドが映画化されるみたいで超楽しみだ。

見るまでは死ねない。

ブレイキングバッドを見た方はわかると思うけどフライドチキンが食べたくなる。

お腹が空いてたのでケンタッキーに行った。

ツイスターとチキン二本とコールスローのMを買って帰った。

そういえば今日はバレンタインか。

コンビニに寄ってアポロチョコを買った。アポロは昔から大好きなのだ。

アポロチョコのギザギザを歯で切り取るのが昔はよくやっていたな。

 

ツイスターとチキンとコールスローとアポロを

むしゃむしゃしてると少し元気になった。

血圧も少し下がったみたいだ。

 

明日はもう少し元気になったらいいな。

おやすみなさい。

 

海を見に行った

今日は洗濯しなきゃとコインランドリーに行った。

うちにはなぜだか洗濯機がない。

どこかに落としたみたいだ。

そのコインランドリーは最新型の全自動ドラム型洗濯機が備えてある。

60分

ぐるぐる回ってる〜

 

ぐるぐるぐるぐる

 

コインランドリーという歌を思い出した。

 

コインランドリー 洗濯する
一週間分 汚れを落とす
小銭と3、40分
雑誌を読んで CDを聴く
わかったことが一つだけある
バカは不幸が好きなんだ
想像力 それは愛だ 歴史の果てまで
漂白剤ぶちまけるぜ 世界の果てまで
コインランドリー乾燥もする
シャツが回る パンツも回る
ずっと見てると目が回る…

 

 

ずっとは見ていられないので

 

本当なんとなく海を見に行った。

車でそこから10分くらいだ。

村上春樹の小説の主人公みたいな気持ちだったのだろう。

黄昏たかった。

 

ブーン

 

海に着いた。

 

海は広いな大きな

 

癒される

 

海に謝った。

 

ごめんなさい。許して下さい。

 

海は何も言わない。

緩やかな波の音が聞こえる。

 

海は優しいな。