いつもここから

「いつもここからって良いコンビ名だよな」 「お前それは失礼だろ」 「は?」 「それだと"コンビ名"は良いけど"コンビ自体"は良くないみたいに聞こえるぞ」 「いや"コンビ名"を良いと言っただけで"コンビ自体"には良いも悪いも言っていない。お前、悪意ある…

NSC(吉本総合芸能学院)面接の思い出

20歳。 とある白いビルの前に立った。 この期に及んでもまだ「やめようかな」 と思っていた。 地元の工場で缶詰状態になってかき集めた引越し費用と入学費用。 勝手に大学をやめて親に怒られ悲しまれた。 そういう物を背負って覚悟を決めたはずなのに、まだ…

将棋道場のある町3

http://hauto3.hatenablog.com/entry/2018/11/15/235048 の続き 大人しそうな少年とテーブルを向かいあわせて座った。 しかし、この席狭いな… 後ろを振り返ると"先生"と呼ばれてる年配の男性が座っている。 小学生2人でちょうどいい椅子間隔に大人の男2人が…

小学生と将棋対決!将棋道場に行った日2

前回の記事 http://hauto3.hatenablog.com/entry/2018/11/14/230145 の続き いよいよ丸坊主の小学生と対決する事になった。 おじいさんが「そこに座って〜」 と指さしたパイプイスに座った。 狭い!後ろのパイプイスとカチカチ当たってる。 なんとか無理矢理…

将棋道場に行った日

今日は休みだったので電車に乗って将棋道場のある町まで出掛けた。 自分の住んでる町には道場が一軒もないのだ。 この町に越してきた時に検索したら一軒だけ引っかかり 喜び勇んで行くと将棋道場なんかどこにもなく、廃墟だけがそこに立っていた。 ガッカリ…

痴女に遭遇した思い出

高校時代の記憶がまるでない。 自分だけではなく多分、同級生達も自分の事は覚えていないだろう。 虚ろな目で暗く沈んだ顔をしていたと思う。(今もだが) じゃあ、何をしてたのかというとゲームだ。ゲーム大好きだった。 ひたすらゲーム、PSやサターンを夢…

「夫のちんぽが入らない」こだまさんの本を再読しました。

なぜだかわからないけれど無性に「夫のちんぽが入らない」をもう一度読みたくなった。 はじめに読んだのはたしか去年だ。 自分の新しいチャレンジ(かなりしょぼいが)として"電子書籍"を使って本を読みたいと思って探してた所を「ちんぽ???ち○ぽじゃなく…

繰り返してる事

新しい何かが世の中で現れた時に皆さんはどう対応されてるだろうか? 疑問が沸いた。 例えば自分の場合には「ガラケー」と呼ばれる一昔前の携帯電話を使ってた時に、友人が「スマホ」と呼ばれる携帯電話を使っていて、 それを見た時に「要らんやろそんなん」…

窓を開ける

自分は煙草をよく吸うのでよく窓を開けてる。 今の時代は喫煙者には厳しくてベランダに出て吸うホタル族と呼ばれる人達も責められるのでいずれ、この先、窓開けて吸う人も責められるのだろうなと思う。 それまでには止める予定なのでもう少し猶予が欲しいと…

将棋道場に行ったのに中に入らなかった日VOL1

昨日は休みだったので予てより行きたかった電車で30分くらいの道場に行こうと計画を練っていた。 因みにここで将棋道場知らない方に”システム”の説明をすると 老若男女誰でも楽しめるゲーセンに近い場所で違う所は”先払い”で席料を納め 後は”自分の棋力”を道…

伯父にリベンジした

遠方の地に住んでる父方の伯父が実家に滞在している。 理由は老人ホームに居るばあちゃんがいよいよかという感じだからだ。 (うちの親父の近所にある) その伯父には昔、将棋でコテンパンに負かされた事があった。 それが、ずっと悔しくて心に残っていたの…

楽と楽しい

初めての体験というのはなかなか一歩踏み出せなく億劫だ。 なんせ「面倒臭い」 慣れてる「確定された間違いのない楽しい」モノに自分はいきがちで 例えば、食で言うなら「唐揚げ弁当」は鉄板だ。 なぜならそこには「過去美味かったよ経験」がある。安心する…

観る将

観る将という言葉を最近知った。 観る将とは「将棋を観る専門で自らは指さない将棋ファンのこと。」 と定義されている。 これを知った時に「はいはいはい!俺これ!俺観る将!観る将最高!」となったのだが、 あ、でも指すのも好きだからちょっと違うのかと…

スナックニシ

桜が満開な今日この頃 春が来た。 冬は寒い。 色々な行動が億劫になるこの季節、僕は飲みに外に出るのが面倒になった。 酒はそんなに好きではないが酔っ払う事は楽しいと思う自分は飲みに行ったら行ったらで楽しいのは間違いないのだが面倒臭いが勝ってしま…

参りました

将棋では相手に「負けを悟った側」が 「参りました」と言わない限り終わらないというのがあって、若い頃ネット将棋を自分でやって負けまくって 絶対にそれだけはやってはいけない「回線切り」もめちゃくちゃやってて、 パソコンをぶっ壊しかけて、何とか踏み…

マジカルバナナ理論

大喜利をされる方は普段「答え」をどういう風に導かれてるのだろう? その疑問が昔からあった。 色んな方に聞くと「自分なりの”感覚”」「面白ワードを使う」「あるあるネタからズラす」とか返ってきて 自分自身としても「うんうんそうだよなあ」と納得しかし…

松本人志に名前を呼ばれた日

さっきIPPONグランプリを何となく見ていたら、松本人志に名前を呼ばれた。 ん?あれ?まじ? そういえば送ったなあ〜忘れてた。え?俺?そんなの送ったっけ?ああそういえば送った。 嬉しいけど頭が混乱 小学校の頃、僕はどちらかと言うと「元気が出るTV」を…

毎週金曜24時配信の宣伝

氷結ひらかわにんという配信名でやっております。 素人のおっさん二人が一時間「ラジオ番組のDJ」気取ってリスナーさんからのDMを読んでいくという”イタイ”配信です。(僕的には楽しい) 番組コンセプトとしては例えば雑誌とかテレビとかの投稿コーナーで「…

誰コラをやってみて思い出した事

びっくりした! ツイキャスという配信アプリには 「誰でもコラボ」という機能がある。 簡単に説明すると配信中に色んな人が次から次へとやってきて会話するのだ。 「あれ?これテレクラやん!」 まだ二十歳そこそこの時、友人に連れられ初めてテレクラを経験…

鬱の彼女

今から何年前だろうか鬱の彼女が居ました。 彼女は睡眠薬ハルシオンが無いと寝れなくて後は色々な錠剤、覚えてるのはリタリン、デパスなどなど飲んでたのを今でも覚えています。 お酒も大好きで酔っ払うと色んな話をしてくれて特に覚えてるのは 彼女が4歳く…

無意味な遊び

中学生の頃、休み時間誰かが「新しい遊び考えたで」と言った。 「なんなん?」と聞くとそいつは「トイレの個室あるやんか?あそこに何人か入れるかやろうや」 僕らは失笑しながら「何がおもろいねんそれ」と言った。 けどそいつが「絶対おもろいから!」とし…

作文

これ、小学校の頃から嫌いで何を書いて良いのかさっぱりわからなかった。 でも、作文の上手い人は居て、彼らの作文は先生が褒めていてみんなの前で発表させられたりしていた。 それを聞くとなるほどーと思い感銘を受けた記憶がある。 年月は経ち、僕にも彼女…

面白い世界にする為に投票する

僕は自分の事しか考えてないので 「自分に取って面白い世界で生きたい」 訳なのです。 まあ、ゲラゲラ笑いたいんですね。 ヨダレ出るくらいには笑いたい。 その為に必要な事は「自分に取って面白い人達」をもっともっと 世に”押し上げる”必要があるなあと。 …

褒められるという事

まず、自分がやった事の評価は自分で決める。間違っても他人の評価で自分を決めないという事。 僕があまりゲームをやらなくなった理由としては”評価を他に委ねる”と言った点からだと思う。 けれど評価を他に委ねないゲームもあって例えばマリオペイントとか…

怒りの表現方法

人は自分の内部で怒りを感じた時、どのように外部に表現するのだろうか? それは”人それぞれ”によって違うと思う。そしていくつかのタイプに分類されるような気がする。 ・波動砲タイプ→溜めて溜めて爆発 ・マシンガンタイプ→常に小さく怒ってる ・狼タイプ→…

聞く見る書く話す作る

「初心忘るべからず」という諺がある。 けれど、その初心を知らなかった場合にはどうなるのかなあ?と思う。 例えば、「聞く見る書く話す作る伝える」を僕は多分、親は親なりに遠回しに教えたつもりのかもしれないけれど、僕には今の今まで「わからなかった…

鍋焼きうどん恐怖症

始めに言っておくと鍋焼きうどん”自体”は大好きだ。 めちゃくちゃ美味しいし身体も暖まるし消化にも良い、そして安い。 至れり尽くせりだ。 玉子なんか落とした日にゃウハウハである。 けれど恐怖症なのだ。銀紙が… 銀紙の皿みたいなやつをうどん食べながら…

海外ドラマ

海外ドラマやばい。特にNETFLIX(動画配信サイト) 何がやばいか? 人をダメにするソファというのをSNSで見かけた事がある。 フカフカで身体が包み込まれて気持ち良すぎて「何もしたくなくなる」からそう名付けられたんだと思う。 名付けた人は凄い。一見腐…

好きな人

僕が好きな有名人 ・前田智徳(野球選手) ・小野伸二(サッカー選手) ・sako(プロゲーマー) ・桶田敬太郎(元お笑い芸人) ・甲本ヒロト(アーティスト) ・岡本太郎(画家) 共通点がある事に気付いた。 それはプロなので食べていく為に「競争の世界」…

ばあちゃん

今日は90回ってるばあちゃんと会ったので「死ぬの怖い?」とデリカシーのない質問をしてしまった。 「怖い事なんかあるかさ 笑 もう生き過ぎたくらいや十分」 お年寄りは人の死を見てきた。 色んな人の死を見てきたと思う。 ばあちゃんの場合には8人兄弟が居…